#000 すきこそ農夫の道具なれ
#001 心ここにあらずの在宅ホームレス
#002 赤信号、1人で渡っても怖くない
#003 エスカレーター人生にも色々あるさ
#004 山風吹き満月煌々として猫スルリたり
#005 喫茶店で思う数と形と喰うと寝ると
#006 甘味物体とメモリ増設と手書き文字
#007 時の進み具合を棚の上に見る今
#008 自分の意識こそがメタローグの相手
#009 玄米食のバタフライ効果か深夜の水難
  #110 翻訳なぞしてる場合ではない…え?
#011 カレー喰う時は脳内までカレーでいっぱい
#012 南米でも喜び転がるや綿棒多面体
#013 黒猫が目の前を横切る幸せ
#014 2012年のサッカーボールも20-12面体系かな
#015 遺伝子操作・クローン・サイボーグ・ロボット・私
#016 猫たちと馴染む穏やかな春の日差し
#017 コンパスと定規と猫とユーミンの昔話
#018 氷上の天使群と銀河暦のスピン
#019 眠りの中で眠りを考える寝言
     
#020 より曖昧な表現はより正確を期する
#021 日記のことを日記に記す日
#022 温泉に入ると脳が温泉卵になる日
#023 初めての2度目と天使の潜むところ
#024 人の幸せ・猫の幸せ・人と猫のいる至福
#025 雛祭りと日常会話と2種類のみかん
#026 人生は娯楽ではなく神聖なつとめ
#027 テラバイト帰りにギガバイト渡し
#028 ゴジラと私と銀河の署名リセット
#029 ゴールキーパーの背後にあるのは異空間
  #030 活け造り食わず花の印象を食す春
#031 誕生日には色々な計算が寿ぎとなる
#032 色即時空・空即美色の色オクターブ
#033 コンパスは1、定規は2、そして私は3と4
#034 コンパスを回す時、頭の中では世界が回る
#035 型にはまらぬよう型にはめこむ日々
#036 風花の舞いを1日眺めていられた至福
#037 虚偽の映像見るよりも満月を共に見ん
#038 笑う者と笑われる者が1つの笑いあれ
#039 次元幾何学研究会春の例会の追想メモ
     
#040 暑さ寒さも過去も未来もみな彼岸まで
#041 52年と52日と52の智慧の重なり
#042 暗き夜に桜散らすな春の風
#043 五分桜驚かさるるや千切れ雪
#044 あくび空 重ね言葉の スポーツ紙
#045 音楽で脳を洗わせずに心を洗え
#046 道の端に 若草萌えて 陽のほむら
#047 あなたとわたしの界面活性剤思考
#048 山桜 文豪気取りの キューブ咲き
#049 双子の間に世界を挟んで予祝する
  #050 往きやまぬ 春は桜と 成り果てて
#051 我らみな 揺れる春陽の 解釈者
#052 聞くテルミンから作るテルミンへ
#053 風桜 過去も未来も 惜しみなく
#054 いるだけアシスタントの能動的潜在性
#055 祖父の差別を昇天させたチャングム
#056 好きイルカ 友と元々 軽いキス
#057 思ひ出や 雨も朧に 花筏
#058 秘めたれど 目に鮮やかな 白桃花
#059 満月を 見上げてみれば 雲隠れ
     
#060 風笑い 巡る荒波 きらめいて
#061 鯵鮪 釣り銭小魚 鯛鰹
#062 木漏れ日や 笑顔ばかりの 走馬灯
#063 時捲り 想いは巡る 会魔刻
#064 桃の花 ほうとうの味 石和の湯
#065 巡る世に 桃も桜も なかりせば
#066 願わくばこの力を徒に消す事なからん
#067 12-20進法と13-20進法を共に見る視座
#068 巡る生 内なる暦 外の時
#069 こんにちわ しつれいします ありがとう
  #070 緑青色したジャージの忘却と記憶
#071 あなたと私の当たり前のずれを超えて
#072 逆冷えや 路上転がる 猫のひげ
#073 豚車 走れまばゆき 青空へ
#074 あたりには 暴風なみの 秋波かな
#075 一二三四を 掌に載せ ひと飲みに
#076 潮満ちて 波頭に清し 自由意志
#077 時の輪に あまねく巡れ 慈しみ
#078 人は他者を食する時 自らを食す
#079 風薫り 湯気うたた寝に 緑爆ぜ
     
#080 ユーミンのコンサートを観てきた
#081 たまさかに 笑い集めて 水言葉
#082 日めくりて もの忘るるは 想起星
#083 コンビニ弁当が売れれば葬儀屋が儲かる
#084 触れ合うや 時空を超えて 我と我
#085 もてぬなら モツで胃もたれ エレキング
#086 メタオヤジ ひとりよがりの 裸王様
#087 恐るべし グレゴリオ暦 奥深し
#088 こはいかに コメダで珈琲 コメディアン
#089 ネタ尽きて その場しのぎに 友を売る
  #090 漁り貝 砂の記憶の 潮干狩り
#091 雨潜り 湯煙纏う 花和楽の湯
#092 快感に 潜む執着 落脱し
#093 水滴に 記憶滲むや 時の肌
#094 フラグメント拾遺集(1)
#095 電子機器 奴婢と招くか 双鏡
#096 我れと汝れ 長雨る花の 色移り
#097 今生きよ 喜怒哀楽も 色添えて
#098 雨煙り 想い響くや クラクション
#099 健やかな 心と体 病なし
     
#100 濡れ衣 時巡りても 謎霧中   #110 地球から 月と太陽 重ね見て
#101 面眺め 風光を背に 笑みの咲く   #111 悪態を ついて笑わす 錆びた侘
#102 我れ乗せて いずこを走るや 横須賀線   #112 顔文字で 説明できんぞ 顔文字を
#103 言う言わぬ 嘘も真も 美しき   #113 4年後も4年前と変わらぬ至福
#104 井の頭 想い起こせば みな輝きて   #114 アルバイト 思い起こせば 全て楽しき
#105 あなたとわたしの界面活性剤   #115 打ち合わせ 人と機会を 縁り合わせ
#106 見渡せば いずこも同じ 妖かし野   #116 手に取れば 輝きまろき 石の肌
#107 装えど テイストグッドは 装わず   #117 人の図は 輝き立つや 人の地に
#108 愛おしや 大和言葉の 綾までも   #118 時超えて ひとつとならん 加害心
#109 猫眠り 我もまた寝る 夕霞   #119 鳥越の 神輿揺れるや 祭り雨
     
#120 今帽子 過去と未来を 共に乗せ   #130 地球に凭れそして擁かれていた男
#121 我れと汝れ ひとりよがりの 共和国   #131 見える限りの土地の所有者
#122 粗食にも 医食同源 五行説   #132 『トーマの心臓』を読んでいた頃
#123 マヤの性 現代の性を 共に超え   #133 語るより描け 描くより生きろ
#124 妖かしを 怪異と眺むる 我れぞ妖かし   #134 超え行く菩薩に栄光あれ
#125 死にゆかん ひとりよがりの 国境超えて   #135 常不軽菩薩さえ超えて行け
#126 夏至来たり 何を食さん 冷蔵庫   #136 ほぼ26000日だった父の一生
#127 次元両生類による新上陸史   #137 数とは何か神よ答えよ
#128 生きることがすでに愛である   #138 宇宙人する前に地球人であれ
#129 私を見守る「それ」は私自身   #139 新たなる卒啄…宇宙卵の孵る時
     
#140 走りながら考え続けた男   #150 あなたの前面は私の背面<前と後(その3)>
#141 記憶の解除による霊的な危機   #151 2つの世界を交互に見る視座
#142 歯が痛いのは廃頽的精神なのか   #152 数に溺れず、形に耽らずに
#143 初めて見る顔、顔、顔…   #153 問う者は問われるけれど
#144 Measure for Measure…尺には尺を   #154 有栖川宮公園の都立中央図書館
#145 雑踏の中の呪詛と祝福と   #155 都立中央図書館再び
#146 慈悲と智慧のある力   #156 『鳥獣戯画』の絶妙なる線の美しさ
#147 反転という概念をさらに反転する   #157 自らの生命をゆるやかに味わえば
#148 後先を鑑みて前後を弁えず<前と後その1>   #158 反転した異世界としての地球空洞説
#149 未知との界面における前と後<前と後その2>   #159 角度も長さも時さえもこの身の内に
     
#160 街角で小雨に濡れる人波を見た   #170 今いるところが本当の現住所である
#161 ニネヴェ定数と銀河の1回転   #171 荒縄のごとき手の平の感情線
#162 褒め言葉とお世辞の違いとは   #172 生まれ変わってもまた私に生まれたい
#163 乱雑な部屋は混乱した意識の表れ   #173 テーブルの上の100円ライター
#164 ふと息を止めて宇宙の呼吸を考える   #174 「これで3回目」の論理を超えて
#165 ある詩人に…   #175 陰謀説を説く者の内側にある陰謀説
#166 眠り続ける寝顔を守りゆく夢想   #176 面と向かって汝が名を呼べぬ我
#167 似てるのは快感だが全く同じは気味悪い   #177 「同行二人」は「同行多数」である
#168 ひとりよがりの王国界面を超えて…   #178 チッチー
#169 無意識に数を数えるということ   #179 君の1万円と僕の1万円を交換しませんか
     
#180 休息…?   #190 「まり」がお嫁に行っちゃった…?
#181 体の大切さを痛感するとはこういうことか   #191 アクシオトール・アラインメント
#182 エゴの核が死んでしまったのはいつなのか   #192 自由意志を持つという自由意志
#183 さようならテラバイトありがとうモノとヒト   #193 見える人見えない人そして見ない人
#184 天使アザゼルは美しき人間の女を愛した…   #194 象徴だけや論理だけではもう古い
#185 守護霊の存在よりもその視座が重要だ   #195 口に出していえない言葉
#186 霊的という言葉自体は霊的ではない   #196 人間の顔は異なる情報の媒体通路
#187 私が車の免許を持っていない理由   #197 壮大なる記憶喪失の想起の予感
#188 『数字4桁・ゾロ目でGO』ゲーム   #198 意識の面点変換はパラドクス超えて
#189 この世がすっぽり龍宮城の中にある感覚   #199 似ていれば似ているだけ違う
     
#200 猫と蜜蜂と決断と責任とその向こう   #210 巻き込まれ型の嘘と本当…テラバイト日記2(2)
#201 連載中と単行本と完全版の生   #211 メガネを探すためのメガネはどこ〜
#202 猫のひげづら、私のひげづら…   #212 ヒゲについての途中経過と所感かな
#203 自由という感覚と対峙する自由   #213 アルアハリとネット上の絞首刑画像
#204 輪廻転生はありや否やと問う前に   #214 イジメなき世をイマジンするためには
#205 私の視線越しに同じ世界を見る何か   #215 ブログ版ねこまんがはどう?
#206 UFOかマカバに乗った気分で地球見物?   #216 見る者は見られ、問う者は問われる
#207 「オレだよ、オレ」…自己言及と進化論   #217 神の名前(2)…検索エンジンを検索する
#208 言語感覚と笑いのセンス   #218 バランスボールとマッサージ猫
#209 本の背表紙の向こうとこちら   #219 今の喫茶店と昔のファミレスの窓辺にて
     
#220 最初で最後の馬券で当たり続けよう   #230 見る事はまた思い出す事でもあるわけで
#221 座布団をいろんな方向に反転する   #231 kin140黄色い惑星の太陽651回の満月
#222 単位の取り方と可不可研究会   #232 自らの知覚認識が嗜好品だと言う前に
#223 10年越しの猫の背の手触り   #233 ディスコミュ空間への轍からの脱輪
#224 口から出る言葉が全て嘘となる日まで   #234 めずらしく小学生のような日記
#225 私の中の枕叩き目覚まし法の謎   #235 「ひふみよい…」から5と13と10000へ
#226 能ある鷹の爪と隣りの青い芝   #236 能動と共有から第3の視座で反転へ
#227 見る者は見ることで見る自分を見る   #237 集中力と執着力/自由にルビを振る
#228 差異と反復の界面活性剤は意識そのもの   #238 時のズレは意識のズレ/異なるものを敬う
#229 世界という自分の中で生きる平衡感覚   #239 左右の目で見るを左右の脳で見る
     
#240 うつろう色あい/息づかいある線
#241 血反吐を吐きつつ YOU TUBE
#242 99と101のあわいである100の次は?
#243 元気を出す人・吸い尽くす人
#244 自家版後拾遺集(1)
#245 自家版後拾遺集(2)
#246 自家版後拾遺集(3)
#247 旧暦元旦新月はアイソレーションタンク仕様
#248 東西南北ではなく南東北西の字面
#249 坊主憎けりゃ袈裟まで憎いを坊主は憎まず
  #250 顔と顔と顔と顔と蜜柑と蜜柑
#251 イッちゃってる人・キてる人
#252 ADULT課金話と13の繋がらぬ繋がり
#253 2つのものを1つこととして見る
#254 たまには嫁さんシリーズでも(ダジャレ編)
#255 黄色い星の紋章のクロップサークル
#256 万物は回転する…内の如く外も
#257 1日、360度、1440分の分割について
#258 1年365日の6日周期と6曜等について
#259 ■後拾遺集…12,13,14,15と感覚の扉
     
#260 多すぎるモノの整理は心の姿勢を正す
#261 10のピラミッド数とHAAB,TZOLKIN,WINAL
#262 ■発酵前の文字列の蔵出し(1)
#263 耳鳴りは内面の響き
#264 時は全てを解決してはくれない
#265 ■自家版後拾遺集(4)
#266 脳の中の宇宙…12-60と13-20の数計時(1)
#267 脳の中の年輪…12-60と13-20の数計時(2)
#268 脳の中の13月…12-60と13-20の数計時(3)
#269 ■発酵前の文字列の蔵出し(2)
  #270 居合わせるということ
#271 両手の中の失せもの忘れもの
#272 内なる音、外なる音、自らの響き
#273 ツォルキンのマヤ的数表記の要素数780
#274 ■自家版後拾遺集(5)
#275 ■自家版後拾遺集(6)
#276 若き人たちとの対話の姿勢
#277 YとC…旧友と再会し、また再々会を期す
#278 なぜ私の周りには異能の友人が?
#279 室内裸族という個体たちについて
   
#280 20歳の頃の傲慢なリアリティ
#281 「超越的な」と「先験的な」のさらに先へ
#282 「読み書き」とは実のところ何をしているのか
#283 月なる女性を太陽となすために
#284 月・地球・太陽の3体問題
#285 心根正しく紙折るところに神は降る
#286 this is it の now here
#287 相互交差する真円の力と歪んだカタチ
#288 性的パートナーから霊的パートナーへ
#289 後拾遺集…独自性の反響と、外の如く内も
#290 後拾遺集…書き留め続けるということの喜び
#291 後拾遺集…1人を愛することで全てを愛する
#292 母の幸せに気付かなかった迂闊な私
#293 内と外を直接つなぐ嗅覚世界
#294 自他に立て分けられない情動群
#295 調和力のない存在の放つ音の不快さ
#296 他者の言動を安易に信じない誠実さ
#297 前進すべく問いを発することによる後退
#298 交信もくは交神…自らの総体と交わること
#299 ■名もなきものから全ては生まれた(1)
   
#300 ■名もなきものから全ては生まれた(2)
#301 ■名もなきものから全ては生まれた(3)
#302 表現をコンパクト化する決心
#303 ■後拾遺集…耳鳴り鏡見随縁真如
#304 半信半疑という言葉の肯定的側面
#305 枠を壊すことなく超えて見る
#306 煩雑の中で生き、雑踏の中で悟る
#307 2012年の向こうに何を持っていくか
#308 ミミコ先生の死(テラバイト外伝)
#309 本物は決して表に出てこない?
#310 杞国の人の憂い、此今の杞憂
#311 ベランダ菜園の手を休めて考える
#312 ■後拾遺集…冠婚/奉仕/生命振動
#313 ■後拾遺集…夢中地図/歪みの意味
#314 ■後拾遺集…爪間の土と視野狭窄
#315 バッキーのシナジェティクス
#316 スリッパと湯飲みの賑やかな墓場
#317 安易に死ぬな、安易に輪廻するな
#318 人称における「あなた」と「わたし」の関係
#319 眼球と日月/あなたとわたしの関係
   
#320 知る…思い出す、知らない…忘れていく
#321 なぜ「なぜ人を殺してはならぬのか」なのか
#322 ■後拾遺集
#323 「顔映ゆし」と「かわいい」と「kawaii」
#324 瞬時の判断・瞬時の出来事
#325 怠惰なる弛緩の穴を這い出ろ、我れ!
#326 『太陽系トポロジー』再び
#327 知らぬが仏を知らぬも仏
#328 異常気象で網戸が落下
#329 ついにウチにもビリーの掛け声が…
#330 虚数と多面体と惑星周期
#331 いいぞ、メビウス
#332 窓外の風景の自分を生き切る覚悟
#333 さらなる一歩を踏み出すのはいつも今
#334 後拾遺集…共時性・新月・本物・心身
#335 後拾遺集…相手・若人・現今・嗜好
#336 プラトン立体の諸要素の積
#337 ■裏から見てもらう裏事情
#338 ■最近のノートの切れ端(1)
#339 ■最近のノートの切れ端(2)
   
#340 ■最近のノートの切れ端(3)
#341 ■カラーズガーデンでれっつとらしえ(1)
#342 ■カラーズガーデンでれっつとらしえ(2)
#343 記憶喪失状態であることの想起
#344 自らの歳相応に生きるということは
#345 ■後拾遺集…昼寝・皮肉・推敲・幾何
#346 愛するようにただ多面体を見詰めれば
#347 3次元にいては3次元的認識はできない
#348 記憶の中の記憶の鮮度
#349 妖精?幽霊?妖怪?精霊?妖霊?それとも宇宙人?
#350 異なる進法でも数を数えてみよう
#351 霧雨がただ降っていた
#352 ■後拾遺集…自由の3乗と枠の超越
#353 ■後拾遺集…創・壊・掃とドット&バー
#354 1兆分の1スケールを体感しよう
#355 3/14はホワイトデー?それともπの日?
#356 自分が強運だと信じ込める強運
#357 霊的次元で生計を立てるのは霊的か?
#358 感謝の論理階型
#359 1日の1/50もしくは約30分
   
#360 神は平凡に宿る
#361 大きい声の人・小さい声の人
#362 悟りたくないのも悟りなら
#363 紙の余白は心の余裕?
#364 鏡の中の歪んだ顔
#365 お金がない人に対しては沈黙しよう
#366 懐かしい名を耳にして
#367 払えばいいんだろ?では済まされない
#368 謙虚さのない霊性はないだろう
#369 ストレスを反転させればそれは至福
#370 マイペース・アワペース
#371 寒い朝を温かくしゆくもの
#372 「私たち人間は…」と安易に口にする感性
#373 意識界面に見た未来への死の兆し
#374 数を数えるということの中にある喜び
#375 今書くということについて今書いてみよう
#376 既存の未来なら死んだほうがましだった過去
#377 昏睡状態の人間、ゾンビ状態の人間
#378 自らに語りかける矛盾を超えて
#379 枯れた想いのその向こうまで書く
   
#380 燃える薪を暗闇の中で眺め入る恍惚
#381 焚き火の周囲の暗闇は心の闇と地続きだ
#382 言語を超えたビジョンクエスト
#383 不正行為の連続露見は本物顕現の予兆
#384 ■後語拾遺集/実験・時空・目力・言葉
#385 名が体を現すならば名とは何なのか
#386 他者と世界とそして自分自身に対する挨拶
#387 笑いについて笑いながら考えたいのに
#388 見るということについて見直してみる
#389 老化防止のためにボコボコの突っ込みを
#390 心の闇の中で焚き火の炎を見詰めてみよう(1)
#391 心の闇の中で焚き火の炎を見詰めてみよう(2)
#392 心の闇の中で焚き火の炎を見詰めてみよう(3)
#393 これらの計算は単なる階型エラーなのか?
#394 拾遺集/転地療法・満足超え・月空幸福
#395 フラットな4値論理とその先を垣間見る
#396 後拾遺集/愚痴の不快さ・自分への感動
#397 後拾遺集/機械と人間・時計と人間・膜の内外
#398 後拾遺集/断固許すまじ2題・良心・引用
#399 一粒の米すらも残さず自然に頂く美しさ
   
#400 できれば眼前の活け造りは遠慮したい
#401 4値論理を超え行く方向を模索して
#402 意識的にマスコミ情報を断ってみる
#403 結んで開いて手を打って結んで
#404 老境を目指すとはどういうことか?
#405 今日は猫と遊んだ(遊ばれた…か?)
#406 HPの大改造を開始してしまった
#407 HP整理はいろいろな発掘品がある
#408 満月のクリスマスイブに迷宮入り
#409 簡易版暖房効率向上作戦の末に
#410 既存の時間質を整備して現今につなぐ
#411 2倍進法の表と裏と反転と…
#412 好いてくれた人たちは未来からの天啓
#413 年の終わりの自己言及の反転文句
#414 レッツ、ユーミンしりしり
#415 進化するしりとり群