#001 己れの顔は神の顔/MとN
 
#002 日本人としての感覚を生きる
 
#003 正月の宴はセイシェルの風も吹き
 #004 久しぶりに記す数痴録
 #005 たまには写真日記をば
 #006 後拾遺集…7つの小石
 #007 聖なるパンツ親父万歳!
 #008 他者には何も求めるな(1)
 #009 他者には何も求めるな(2)
 
#010 他者には何も求めるな(3)
   #011 骨は数であり、数は骨である
 
#012 2011年度版『ヘリオコンパス』
 
#013 小さな宇宙空間…綿棒体面体+ブラックライト
 #014 見えない動きにも目を凝らし
 #015 引用は所詮引用に過ぎない
 #016 今夜はアジア杯決勝をガン見
 #017 法に従う前に法を精査せよ
 #018 アジアカップ優勝の後の楽しみも
 #019 惑星グリッドとπの3乗
 
#020 4字略語(もしくは4音略語)その1
     
 #021 4字略語(もしくは4音略語)その2
 
#022 判断速度の加速は直観に漸近化?
 
#023 猫エサ・チラシ・両手・対性
 #024 大相撲八百長・新燃岳噴火など
 #025 フォークは手の相似形?
 #026 1,2,3から数え始めよう
 #027 ビッグバンから収縮する宇宙
 #028 ねこ画像3枚
 #029 お城納豆「にゃっとう」
 
#030 壁 The Wall
   #031 綿棒多面体のベシカパイシス
 
#032 殺処分以外に方法はないのか?
 
#033 携帯電話の5のキーのポッチ
 #034 4字略語(もしくは4音略語)その3
 #035 0,1,2…そして3「数の2段階創造説」
 #036 携帯電話の2つの記号
 #037 夢の本質は言葉にせずに
 #038 10±2としての8と12
 #039 河図・洛書とテトラクティスと
 
#040 世界を2重に見る一方法
     
 #041 ボケかますカダフィ?
 
#042 言葉のパレット 001
 
#043 手を伸ばせば届く空間界面
 #044 手のひらに見る概念世界
 #045 大地震と大津波のさなかに
 #046 地震と津波と原発の傍らで
 #047 被災地と報道と自分の距離と
 #048 暴走原発と隠蔽と反転と
 #049 沈黙の羊になるなと叫ぶ狼爺ぃ
 
#050 原発事故の上にも数を見て
   #051 折れるな心たち
 
#052 原発施設そのものには愛を
 
#053 母の緊急入院
 #054 西と東の体感的リアリティの差
 #055 非日常が日常になりつつある1日
 #056 このタイミングでルーツ話も賑やかに
 #057 休日の病院の静かな1日
 #058 長い長い、長い1日
 #059 喪主としてのお通夜の風景
 
#060 告別式と火葬場と
     
 #061 執着でなく決別でなく
 
#062 現状に対する10の言塊
 
#063 現状を前にした10の言塊
 #064 個人の中の日本的資質…12言塊
 #065 いまだ人間として東へ
 #066 江ノ島と現代の「無知の知」と
 #067 夢を見た…夢を見ている夢だった
 #068 109.2について
 #069 1個人が地上で見る世界
 
#070 社会は変わりつつあるのか?自分は?
   #071 90と91について
 
#072 5040について
 
#073 自分自身に叫び続ける言葉たち
 #074 私の内なる二而不二なるもの
 #075 踊らされるな、気を抜くな
 #076 今が素直に泣ける最後の機会かも
 #077 静岡東部の駄洒落ノリどうよ?
 #078 どす黒き愚鈍物体の末路
 #079 音階を目に見える形にする
 
#080 ペンターブシステムと10進法(1)
     
 #081 ペンターブシステムと10進法(2)
 
#082 母の日は誰の心の中にある?
 
#083 勇み足 踏み出す前に 足場抜け
 #084 日本語と欧米言語の基本的差異
 #085 子は人の父である
 #086 戯れ歌:原子力蜂電所
 #087 ドレミファ・ソラマメ
 #088 新たなるケガレチとイヤシロチ
 #089 直交3軸の中心〜数は3から始まる
 
#090 身体を用いて自発的に数を数えよう
   #091 逆に振り切れる世論の針を見逃すな
 
#092 人間として「人間」越えを成す時
 
#093 先ずは一者として世界に屹立する
 #094 12と13…人間の数理の反転界面
 #095 3の累乗和と365について
 #096 真の日本人と日本という国
 #097 数を用いた意識操作は許さない
 #098 いつもの野良猫と愚妻という言葉
 #099 広く深くの姿勢で未知に臨む
 
#100 260の1,2,3,4,5倍を見る
     
 #101 「幸せであれかし!」という想い
 
#102 HAPPY BUSTER TOO WHO〜
 
#103 自他の繊細な部分に対して優しく強く
 #104 自分自身によっても生かされている
 #105 電気とはそもそも何か考えよ
 #106 語らぬ者にも2方向がある
 #107 リハビリ外出・町内徒歩徘徊
 #108 両手を左右に広げたら1尋
 #109 曇天の朝 窓辺近くで 生と死が
 
#110 目に見えないものを観ようとする姿勢
   #111 可視光線の波長の長さ
 
#112 数値を無視せず踊らされず
 
#113 楳図かずおの『わたしは真悟』
 #114 ■後拾遺集
 #115 わずか100日前のあの寒さを
 #116 分かれゆく現実世界の行く先は自選
 #117 イン・ラケチのさらに向こう側遥かに
 #118 電気とは何か考えることを考えてみよう
 #119 ■御拾遺集
 
#120 猫のいる風景…真夏の猫パンチ
     
 #121 3が立ち上がるところ
 
#122 節電とは無関係な個人的省エネ
 
#123 日本の言葉、日本の名前
 #124 なでしこジャパンとステテコ大作戦
 #125 3つで1つ、4つで1つ…
 #126 「母音+父音=子音」の100音
 #127 日本語の音素を別角度から見る
 #128 1人称2人称3人称、そして4人称
 #129 こそあど言葉の4系列
 
#130 日本語の数の数え方
   #131 日本語のオノマトペ
 
#132 118とゾンビ
 
#133 共感力と直観と言う心の音感
 #134 日本のハングリー精神は強く美しい
 #135 「運」のあるところ、「神」のいるところ
 #136 マスコミが報じていない澤選手のメッセージ
 #137 なでしこの活躍を巡り思う草々
 #138 ■後拾遺集
 #139 プラトンのラムダ再考
 
#140 ■後拾遺集3題
     
 #141 432について(1)…432Hzと440Hzと
 
#142 432について(2)…随所に見られる432の倍数
 
#143 ■後拾遺集…7月の終わりに
 #144 ■後拾遺集…8月晦日
 #145 ■後拾遺集…蝉と記憶と
 #146 黒猫は災いを齎すのではなく祓う
 #147 55について
 #148 「食」とは「良」きものを摂取すること
 #149 ■後拾遺集…4題
 
#150 ■後拾遺集…暑い夏
   #151 14は13と15をつなぐ
 
#152 キリンチャレンジカップ日韓戦
 
#153 ロンドン発の不可解な暴動事件
 #154 それでも夏は美味し
 #155 地は汚れても日は昇り月は満ちる
 #156 2012年を抜けて2013年の中に
 #157 自己他者問題を身近に引き寄せる
 #158 真夏の雨のグランパス
 #159 書林もかつてのものでなく
 
#160 数と形と自己他者問題
     
 #161 犬猫馬鹿は動物がいっぱい
 
#162 365日全てが人間の誕生日
 
#163 ミルクと魚とうちの猫
 #164 未来に己れの理想を持つ
 #165 どらほー、ぐらほー、しゃちほー!
 #166 ゾンビワールドとよく似た世界
 #167 台風の風と水と芋と猫と
 #168 集団に権利など存在しない
 #169 心の遮断機降ろさずに
 
#170 「烈っちゃん」と「烈っつぁん」
   #171 自己他者を新たに考える気概
 
#172 煽られて姨捨山に団体登山するなかれ
 
#173 煙草とサッカーと地震と
 #174 10と12の間に潜む11という間
 #175 奇数もまた偶数である(1)…男と女
 #176 奇数もまた偶数である(2)…丁と半
 #177 奇数もまた偶数である(3)…半と全
 #178 奇数もまた偶数である(4)…HとHe
 #179 奇数もまた偶数である(5)…正と逆
 
#180 奇数もまた偶数である(6)…1と1
     
 #181 整形美男美女はもう古い
 
#182 落合監督解任と原発利権の相似妄想
 
#183 ■後拾遺集…長月下旬
 #184 手原和憲氏の『YNWA』という作品
 #185 陰腹で勝負に臨むドラゴンズ
 #186 奇数と偶数、奇遇と土偶
 #187 頭の中の秋葉原・神田・神保町
 #188 『死にたい老人』の新聞広告
 #189 『死にたい老人』と『自殺島』
 
#190 銀杏拾いのリハーサル
   #191 色彩に「憑いて」回る感情を超える
 
#192 追いつき追い越せナゴヤドーム
 
#193 意識操作はもうたくさん
 #194 ■後拾遺集…脳内朝三暮四
 #195 応援勝率10割達成
 #196 銀の実を食べた…銀杏雑感
 #197 私もめっきり名古屋人かな
 #198 人間の色について(1)
 #199 人間の色について(2)
 
#200 人間の色について(3)
     
 #201 ■後拾遺集…秋の味覚に関与して
 
#202 ■後拾遺集…神楽月の前に
 
#203 マゼンタ…紅もしくは赤紫
 #204 色の中の3の構造
 #205 色相環について
 #206 何気ない午前の散歩
 #207 色相環と補色の色相環について
 #208 「極座標→直交座標」で作る色相環
 #209 11年11月11日11時11分11秒?
 
#210 ベクトル平衡体の色立体モデル
   #211 ■後拾遺集…窓辺に斜めなす日差し
 
#212 4原色説をトーラスに乗せてみる
 
#213 色に関する9つの囀り
 #214 コーヒーカップの横2メートル
 #215 光の吸収・透過・反射
 #216 ■後拾遺集…内にも外にも危機はある
 #217 ヴィトゲンシュタインの色のさらに先
 #218 りんごと生姜に包丁を入れて
 #219 アンビリック・トーラス(The umbilic torus)
 
#220 見える色を生きる
     
 #221 3と1/3、1.5と15
 
#222 金だけ、今だけ、自分だけ
 
#223 相互貫通トーラスの力学(1)
 #224 相互貫通トーラスの力学(2)
 #225 ■後拾遺集…師走
 
#226 数の王国の辺境で
 #227 1,2,3,4
 #228 イデアの数、カラダの数
 #229 アルファベットと日本語と数
 
#230 天皇杯、クラブW杯、至福の12月
   #231 色の名前・色の数
 
#232 1,2,3とその逆数と
 
#233 『パンク歌舞伎リア王』を見て
 #234 半人半馬から二而不二に
 #235
 #236

 #237
 #238
 #239
 #240