シエラザード数による千夜一夜のエッセイ

友人が誕生日を期して1日必ず1000文字の文章を書く決意をした。私はそれを真似て、「アラビアン・ナイト」(千夜一夜物語)の中でシエラザード姫が毎夜1つずつ王に話をしたように、気が向いた時一文が1001文字のエッセイをしたためることにした。もちろんちょうど1001文字というわけではない。40×25=1000文字に、+1に相当するタイトルを付けてのフォーマットでいこうと思う。はたして1001文字の一文を1001夜続けることができるだろうか。
(A)EASY ESSAY IN DEPTH  (0001〜0020night)   (E)非・人非人日記 (0021〜
(B)次元幾何学者の航行記録  (0901〜0907night) (F)吉祥寺百景 (0100〜0199)
(C)2013のジグソーパズル  (0908〜0934night) (G)水に描かれた点描画 (0968〜
(D)ひとりよがりの王国を超えて  (0935〜0967night) (H)テラバイト日記 (0200〜

EASY ESSAY IN DEPTH

0001番目の夜 2000/09/12tue 先祖供養とは楽しく生きること
0002番目の夜 2000/10/02mon 初めて見る顔、顔、顔…
0003番目の夜 2000/10/03tue 少女とガール(girl )は違うでしょ?
0004番目の夜 2000/10/05thu 多重ゲームとしての人生
0005番目の夜 2000/10/06fri 数に溺れず、形に耽らずに
0006番目の夜 2000/10/07sat 2つの世界が交互に見れる
0007番目の夜 2000/10/08sun 慈悲と智慧のある力
0008番目の夜 2000/10/10tue シュレディンガーにはまかせるな
0009番目の夜 2000/10/18wed 正4面体を知ってる?
0010番目の夜 2000/10/20fri 愛する地球に愛される私
0011番目の夜 2000/10/24tue 雑踏の中の呪詛と祝福と
0012番目の夜 2000/11/02thu 戦略としての頑固な性格
0013番目の夜 2000/11/03fri 精神的面食い同好会の勧め
0014番目の夜 2000/11/03fri 問う者は問われるけれど
0015番目の夜 2000/11/06mon 褒め言葉とお世事との違いとは
0016番目の夜 2000/11/07tue 乱雑な部屋は混乱した意識の表れ
0017番目の夜 2000/11/09thu 後先を鑑みて前後を弁えず
0018番目の夜 2000/11/12sun 悔いで眠れぬ夜の向こう側
0019番目の夜 2000/11/13mon 美しき筆文字の47の神社名
0020番目の夜 2000/11/14tue Measure for Measure…尺には尺を?
GO BACK TO METATRON TOP

非・人非人日記

0021番目の夜 非・人非人日記(1) 数とは何か神よ答えよ
0022番目の夜 非・人非人日記(2) 声の響きの哀調はいずこより
0023番目の夜 非・人非人日記(3) 1たす1はなんで2なの?
0024番目の夜 非・人非人日記(4) 無意識に数を数えること−1
0025番目の夜 非・人非人日記(5) 無意識に数を数えること−2
0026番目の夜 非・人非人日記(6) 無意識に数を数えること−3
0027番目の夜 非・人非人日記(7) 無意識に数を数えること−4
0028番目の夜 非・人非人日記(8) 頭蓋の中に響き渡る美しき旋律
0029番目の夜 非・人非人日記(9) 未完の斜面を横滑りしゆく興味
0030番目の夜 非・人非人日記(10) オリジナルの疑問ノートたち
0031番目の夜 非・人非人日記(11) 生命ベクトルの微分断面
0032番目の夜 非・人非人日記(12) 己の背中に背を向ける?
0033番目の夜 非・人非人日記(13) あなたと私の当たり前のずれ
0034番目の夜 非・人非人日記(14) ある詩人に
0035番目の夜 非・人非人日記(15) 記憶の中の意味の書き換え−1
0036番目の夜 非・人非人日記(16) 記憶の中の意味の書き換え−2
0037番目の夜 非・人非人日記(17) 記憶の中の意味の書き換え−3
0038番目の夜 非・人非人日記(18) 荒縄のごとき手の平の感情線
0039番目の夜 153のアンソロジー(1) 153センチの女
0040番目の夜 153のアンソロジー(2) 日本最南端の東経153度
0041番目の夜 153のアンソロジー(3) 国道153号線
0042番目の夜 153のアンソロジー(4) ヨハネ福音書の153匹の魚
0043番目の夜 153のアンソロジー(5) レベッカのゲマトリアと153
0044番目の夜 153のアンソロジー(6) 17の3角数…153
0045番目の夜 153のアンソロジー(7) 1から5までの階乗の総和153
0046番目の夜 153のアンソロジー(8) 円周の黄金分割と153
0047番目の夜 153のアンソロジー(9) アシスタントはKIN153
0048番目の夜 153のアンソロジー(10) 暦の中の153日と新星の数
0049番目の夜 153のアンソロジー(11) ひとごみに流されて…と153
0050番目の夜 非・人非人日記(19) 全国均一60円の旅(成功編)
0051番目の夜 非・人非人日記(20) 全国均一60円の旅(失敗編)
0052番目の夜 非・人非人日記(21) 未知との界面における前と後
0053番目の夜 非・人非人日記(22) あなたの前面は私の背面
0054番目の夜 非・人非人日記(23) パタゴラス15世について
0055番目の夜 非・人非人日記(24) 今あるこの「世界」を超えて
0056番目の夜 非・人非人日記(25) 眠り続ける寝顔を守りゆく夢想
0057番目の夜 非・人非人日記(26) 問うものは問われる…なぜだろう
0058番目の夜 非・人非人日記(27) 似てるのは快感だが全く同じは気味悪い

吉祥寺百景

0100番目の夜 吉祥寺百景(1) 吉祥寺百景
0101番目の夜 吉祥寺百景(2) 吉祥寺を歩き回る彼
0102番目の夜 吉祥寺百景(3) 売春について考える彼
0103番目の夜 吉祥寺百景(4) 吉祥寺の晩秋の氷雨
0104番目の夜 吉祥寺百景(5) 吉祥寺でも時は過ぎ行く
0105番目の夜 吉祥寺百景(6) まんが描きとしての吉祥寺
0106番目の夜 吉祥寺百景(7) 記憶の中の美しき風景
0107番目の夜 吉祥寺百景(8) 多忙者・純文学・目覚まし時計
0108番目の夜 吉祥寺百景(9) そうするしかなかった彼
0109番目の夜 吉祥寺百景(10) 愚か者としての幸せな彼
0110番目の夜 吉祥寺百景(11) 絶望感・街角の3人・冷や汗
0111番目の夜 吉祥寺百景(12) 見物人のいない街角の見世物
0112番目の夜 吉祥寺百景(13) ゆるやかな共犯意識の笑顔
0113番目の夜 吉祥寺百景(14) 花摘む春の昼下がり
0114番目の夜 吉祥寺百景(15) 未知との遭遇・過去の仔猫
0115番目の夜 吉祥寺百景(16) 気の狂うほどの満月の出る地
0116番目の夜 吉祥寺百景(17) 記憶だけがいつまでも残る
0117番目の夜 吉祥寺百景(18) 公園を歩きながら思い巡らせば
0118番目の夜 吉祥寺百景(19) 友人の語った少し風変わりな話
0119番目の夜 吉祥寺百景(20) 惑星軌道上から地球を見た記憶
0120番目の夜 吉祥寺百景(21) 強き自己決定は自己催眠である
0121番目の夜 吉祥寺百景(22) 穢れなき花嫁の斜めなす影法師
0122番目の夜 吉祥寺百景(23) 裸の王さまは裸でも王さまである
0123番目の夜 吉祥寺百景(24) 意志は運命の抵抗により試される
0124番目の夜 吉祥寺百景(25) 猫の目は神の光を持っている
0125番目の夜 吉祥寺百景(26) 幽体離脱、羞恥心、カルガモと浮浪者
0126番目の夜 吉祥寺百景(27) 肉体は未来へ向かい精神は過去に向かう
0127番目の夜 吉祥寺百景(28) 論理学者の大脳の古い灰白質
0128番目の夜 吉祥寺百景(29) 例えば宇宙人は実在するか否か
0129番目の夜 吉祥寺百景(30) 因も果も無いところから因と果が生まれた
0130番目の夜 吉祥寺百景(31)  滑 ら か な 風 景
0131番目の夜 吉祥寺百景(32) 鏡の中を覗き込んだ神は
0132番目の夜 吉祥寺百景(33) あらゆるデータを含む地図
0133番目の夜 吉祥寺百景(34) 異次元突入の機械を稼動させたら
0134番目の夜 吉祥寺百景(35) 翳りゆく秋の弱ろ陽が斜めなす午後
0135番目の夜 吉祥寺百景(36) 土曜の午後、吉祥寺(in the Cafe Liberte )
0136番目の夜 吉祥寺百景(37) 最強者は戦わない・アイデンティティの幻
0137番目の夜 吉祥寺百景(38) 天国の門の前の釈尊・冬木立ちの中で
0138番目の夜 吉祥寺百景(39) 法則のカ線に添って生命を輝かす
0139番目の夜 吉祥寺百景(40) 神は感謝せしめる心の動きの中に在る
0140番目の夜 吉祥寺百景(41) 驚きと畏敬の目でただ眺めること
0141番目の夜 吉祥寺百景(42) 絶望の時代に新しい飛躍が起こる
0142番目の夜 吉祥寺百景(43)  滑 ら か な 風 景 2−1
0143番目の夜 吉祥寺百景(44)  滑 ら か な 風 景 2−2
0144番目の夜 吉祥寺百景(45)  滑 ら か な 風 景 3−1
0145番目の夜 吉祥寺百景(46)  滑 ら か な 風 景 3−2
0146番目の夜 吉祥寺百景(47) 猫の頭ははんばあがあ
0147番目の夜 吉祥寺百景(48) 人形の腹を割りたかった少年
0148番目の夜 吉祥寺百景(49) いかなる世界観にも全面依存しないこと
0149番目の夜 吉祥寺百景(50) 無意味の海から意味の島への再上陸
0150番目の夜 吉祥寺百景(51) 感じ、感じ、感じ…夢は言語以前だ
0151番目の夜 吉祥寺百景(52) あの光、あの雨雫、あの空気の匂い
0152番目の夜 吉祥寺百景(53) 一瞬先は闇か、はたまた光の真っただ中か
0153番目の夜 吉祥寺百景(54) 人間は無意味が自らを反転させた存在
0154番目の夜 吉祥寺百景(55) 賢者は人相の上に微分と積分の目を注ぐ
0155番目の夜 吉祥寺百景(56) 認識する喜び、認識できない喜び
0156番目の夜 吉祥寺百景(57) 子供にはその望むもの全てを与えよ
0157番目の夜 吉祥寺百景(58) 予兆とはシンク口二シティだ
0158番目の夜 吉祥寺百景(59) 手の内にはがらくただけが残った
0159番目の夜 吉祥寺百景(60) 無限の無限累乗である無意味そのもの
0160番目の夜 吉祥寺百景(61) 他人へのおせっかいの自由もある
0161番目の夜 吉祥寺百景(62) あの痴呆的とも言える楽観的人生態度
0162番目の夜 吉祥寺百景(63) あらゆる会話はメタロ―ダである
0163番目の夜 吉祥寺百景(64) 通常意識の限界帯域をさまよって
0164番目の夜 吉祥寺百景(65) 常に死をうなじの後に感じること
0165番目の夜 吉祥寺百景(66) 私は常に私のメタになりたい
0166番目の夜 吉祥寺百景(67) 最も正確な表現は無表現である
0167番目の夜 吉祥寺百景(68) 本物の偽物と偽物の本物について
0168番目の夜 吉祥寺百景(69) 想像の中の想像…現実の逆照射
0169番目の夜 吉祥寺百景(70) 狂風に吹かれた夕焼けの荘厳さ
0170番目の夜 吉祥寺百景(71) 全人類愛に満ち満ちた完璧なエゴイスト
0171番目の夜 吉祥寺百景(72) いつもの見知らぬ交差点を曲がり
0172番目の夜 吉祥寺百景(73) 未来という今から過去という今を見る視座
0173番目の夜 吉祥寺百景(74) 総てに対する愛が狂気を食いとめる
0174番目の夜 吉祥寺百景(75) 睡眠と覚醒を貫いた自己タイマー
0175番目の夜 吉祥寺百景(76) 風は花裏より過ぎ来たりて香ばし
0176番目の夜 吉祥寺百景(77) 能動的断眠による意識変容
0177番目の夜 吉祥寺百景(78) 「それ」も「彼」も「君」もみな『私』
0178番目の夜 吉祥寺百景(79) 別れ道 右も左も 秋のタ暮れ
0179番目の夜 吉祥寺百景(80) INNOCENT OF BEAUTY
0180番目の夜 吉祥寺百景(81) 無知から未知への構の何と深く暗い事か
0181番目の夜 吉祥寺百景(82) 黄葉が舞い落ちては音も無く積もる
0182番目の夜 吉祥寺百景(83) 遠い回り道のバスの中の小事件
0183番目の夜 吉祥寺百景(84) ダンスとダンサーとをどう見分けるか
0184番目の夜 吉祥寺百景(85) 象徴を用いる者の自由度と象徴錯誤
0185番目の夜 吉祥寺百景(86) 枯れ木立ちの枝間に懸かる下弦の月
0186番目の夜 吉祥寺百景(87) これは一体何が起こっているのだ
0187番目の夜 吉祥寺百景(88) あの猫の死は失恋に似ている
0188番目の夜 吉祥寺百景(89) 地球は―つの明珠である
0189番目の夜 吉祥寺百景(90) Yes!Yes!Yes!Yes!Yes!………
0190番目の夜 吉祥寺百景(91) 猫のなきがらは庭先の土の中に
0191番目の夜 吉祥寺百景(92) 答は常に予想外で問う者を黙らせる
0192番目の夜 吉祥寺百景(93) 同じ物を同じ様に見ても同じ様には見えない
0193番目の夜 吉祥寺百景(94) 自然とは彼が愛しているもの全てである
0194番目の夜 吉祥寺百景(95) 時間とは永遠に今この瞬間しかない
0195番目の夜 吉祥寺百景(96) 表現とはパラドキシカルな道標である
0196番目の夜 吉祥寺百景(97) 雨の中の噴水と水鳥の美しさ
0197番目の夜 吉祥寺百景(98) 未知の次元への相転移としての新生
0198番目の夜 吉祥寺百景(99) 愛は全て幻だという観念の幻
0199番目の夜 吉祥寺百景(100) 深刻になるとは思考のブラックホール化だ

次元幾何学者の航行記録&るみいめろう・ひかりみん13世の図

0901番目の夜 次元幾何学者の航行記録001 キニチ・アハウ第7惑星
0902番目の夜 次元幾何学者の航行記録002 第7惑星の言語水域
0903番目の夜 次元幾何学者の航行記録003 第7惑星の空間地図
0904番目の夜 るみいめろう・ひかりみん13世の図1 GOONEEの視覚記憶の想起<1>
0905番目の夜 るみいめろう・ひかりみん13世の図2 GOONEEの視覚記憶の想起<2>
0906番目の夜 るみいめろう・ひかりみん13世の図3 GOONEEの視覚記憶の想起<3>
0907番目の夜 るみいめろう・ひかりみん13世の図4 GOONEEの視覚記憶の想起<4>

2013のジグソーパズル

0908番目の夜 2013のジグソーパズル(1−1) イッてる人・キてる人を超えて
0909番目の夜 2013のジグソーパズル(1−2) 次元間旅行者マヤ人
0910番目の夜 2013のジグソーパズル(1−3) ワクチンとしてのドリームスペル
0911番目の夜 2013のジグソーパズル(1−4) 人間より先んじて進化しているキノコ
0912番目の夜 2013のジグソーパズル(1−5) 狂気の中で正気を保つための技術
0913番目の夜 2013のジグソーパズル(1−6) ニューエイジ・グッズの功罪
0914番目の夜 2013のジグソーパズル(2−1) 主義主張からでなく感謝から食べましょう
0915番目の夜 2013のジグソーパズル(2−2) 動物分身霊と自分と対であるイルカ
0916番目の夜 2013のジグソーパズル(2−3) 星間を浮遊する宇宙胞子マヤ人
0917番目の夜 2013のジグソーパズル(2−4) この地球に人間として存在することの奇蹟
0918番目の夜 2013のジグソーパズル(2−5) 世紀末自殺ゲームの最終勝者
0919番目の夜 2013のジグソーパズル(3−1) 多重多次元としての日常生活
0920番目の夜 2013のジグソーパズル(3−2) 諸行無常自体も諸行無常ゆえに
0921番目の夜 2013のジグソーパズル(4−1) 数列の上にシンクロを見ると言うエゴ
0922番目の夜 2013のジグソーパズル(4−2) 数列の上にメッセージを見る愚かさの管理
0923番目の夜 2013のジグソーパズル(4−3) 多重多次元の中の平衡感覚の質と量
0924番目の夜 2013のジグソーパズル(4−4) 超えていく者に至福あれ
0925番目の夜 2013のジグソーパズル(4−5) プラトン立体を創る前と後
0926番目の夜 2013のジグソーパズル(4−6) バイ・ロケーション・ループ
0927番目の夜 2013のジグソーパズル(5−1) カオスの縁と可視不可視
0928番目の夜 2013のジグソーパズル(5−2) 世界観共有と胎児の夢と
0929番目の夜 2013のジグソーパズル(5−3) かけがえのない自分だけの視座
0930番目の夜 2013のジグソーパズル(5−4) 世界に対する能動的関与
0931番目の夜 2013のジグソーパズル(5−5) 愛する地球の慈しみと苦痛と
0932番目の夜 2013のジグソーパズル(5−6) 想起の中の呪縛と祝福と
0933番目の夜 2013のジグソーパズル(5−7) そして感謝の連鎖反応
0934番目の夜 2013のジグソーパズル(5−8) 帰還・着地、そして新たなる地平へ
BACK TO ZONE-13 TOP

ひとりよがりの王国を超えて&未来につながる温かい数

0935番目の夜 ひとりよがりの王国を超えて(1) ひとりよがりの王国の交差
0936番目の夜 ひとりよがりの王国を超えて(2) 智と愛のバランスを保ちつつ
0937番目の夜 ひとりよがりの王国を超えて(3) 郷に従うにはまず郷に入らねば
0938番目の夜 ひとりよがりの王国を超えて(4) コミュニケーション幻想を超えて
0939番目の夜 ひとりよがりの王国を超えて(5) 数を用いた時空の共有
0940番目の夜 ひとりよがりの王国を超えて(6) 見える限りの土地の所有者
0941番目の夜 ひとりよがりの王国を超えて(7) 真のコミュニケーションとは
0942番目の夜 ひとりよがりの王国を超えて(8) 裏と表を反転してつながる私
0943番目の夜 ひとりよがりの王国を超えて(9) 次元両生類による新上陸史(1)
0944番目の夜 ひとりよがりの王国を超えて(10) 次元両生類による新上陸史(2)
0945番目の夜 ひとりよがりの王国を超えて(11) 一方的な表現伝達はありえない
0946番目の夜 ひとりよがりの王国を超えて(12) 愛は方円の器を超えて
0947番目の夜 ひとりよがりの王国を超えて(13) 生きることがすでに愛である
0948番目の夜 ひとりよがりの王国を超えて(14) 「王国」のただ1人の住民として
0949番目の夜 ひとりよがりの王国を超えて(15) 王国を超えて王国に戻る
0950番目の夜 ひとりよがりの王国を超えて(16) 効果こそが真理を測る物差しである
0951番目の夜 ひとりよがりの王国を超えて(17) 無意味もまた意味による評価である
0952番目の夜 世界観・人生観・宇宙論(1) 世界観・人生観・世界像
0953番目の夜 世界観・人生観・宇宙論(2) 世界と世界観
0954番目の夜 世界観・人生観・宇宙論(3) 宇宙観と宇宙論(1)
0955番目の夜 世界観・人生観・宇宙論(4) 宇宙観と宇宙論(2)
0956番目の夜 世界観・人生観・宇宙論(5) 宇宙観と宇宙論(3)
0957番目の夜 未来につながる温かい数(1) キーワードは感謝・信頼・慈しみ
0958番目の夜 未来につながる温かい数(2) 立体裸眼視で世界を見よう
0959番目の夜 未来につながる温かい数(3) 行け行け、超えて行け
0960番目の夜 未来につながる温かい数(4) 超え行く菩薩に栄光あれ
0961番目の夜 未来につながる温かい数(5) 不軽菩薩に礼拝される仏
0962番目の夜 未来につながる温かい数(6) 数は全てに存在する
0963番目の夜 未来につながる温かい数(7) NUMBER NUMBER…数痴論者
0964番目の夜 未来につながる温かい数(8) 数を数えること自体の不思議
0965番目の夜 未来につながる温かい数(9) 冷たい数字と温かい数と
0966番目の夜 未来につながる温かい数(10) 1,2,3を超えた4
0967番目の夜 未来につながる温かい数(11) 1,2,3,4…そして5

水に描かれた点描画

0968番目の夜 2013のジグソーパズル(6−1) 宇宙人する前にまずはしっかり人間しよう<1>
0969番目の夜 2013のジグソーパズル(6−2) 宇宙人する前にまずはしっかり人間しよう<2>
0970番目の夜 2013のジグソーパズル(6−3) 記憶の解除による危機
0971番目の夜 2013のジグソーパズル(6−4) 次元間の膜を超えて
0972番目の夜 2013のジグソーパズル(6−5) 卒 啄 … 宇 宙 卵 の 孵 る 時 <1>
0973番目の夜 2013のジグソーパズル(6−6) 卒 啄 … 宇 宙 卵 の 孵 る 時 <2>
0974番目の夜 水に描かれた点描画 <1> 騙す者はその騙す心に騙される
0975番目の夜 水に描かれた点描画 <2> 神を冒涜する言葉は神を冒涜しない
0976番目の夜 水に描かれた点描画 <3> 深刻になるとは思考のブラックールだ
0977番目の夜 水に描かれた点描画 <4> 差異に沿い慈悲は流れる
0978番目の夜 水に描かれた点描画 <5> 記憶とは一種の自己催眠である

★ご意見ご感想などはこちらまでお願いします。⇒ 掲示板 another metatron