001 日々の所感
002 「星の巣」の示す直交4軸の方向性
003 「音」の話の準備画像を鋭意制作中
004 AIの作品で己を語る無かれ
005 不快なAI画とそれを快とする我
006 時を動かす時間を止める
007 女人禁制を禁制女人へと転がす
008 異なる知の仮定能力
009 手書きも好きと言える幸せ
010 カレンダーを2枚めくる朝
  011 パラドクスという名のパラドクス
012 意見の相違も異化効果の糧として
013 ドゥールズ=ガタリ 問わず語り
014『逃げ上手の若君』の北畠顕家
015 自己他者間のベシカパイシス領域
016 無作無演の窓外小劇場
0
17 寒い日のささやかな捧げもの
018 ばらばらな所感
019 浮上中なのか沈降中なのか
020 日付を0123だけで表わせる日は?
 
021 3重の5重回転対称性多面体
022 性なき性は耐えがたき聖
023 寒い冬ざれの朝早く
024 脳内徘徊の様を語る戯れ
025 和心は言葉と言葉のあわいにありき
026 蒙昧想像は鳥の数だけある
027 12月20日は5重回転対称性の日
028 「内は外で外は内だ」の内と外
029 全て神となる日まで2023(1)
030 全て神となる日まで2023(2)
  031『ゴジラ-1.0』と戦後79年と黄金の国
032 数を数える数え方はサン数だから
033 炬燵の中で寒空を眺めつつ
034 2024年はそこからも変わるのか
035 2024年は元旦から新しい時空に
036 綿棒二本書紀
037 苦楽が楽ならもう苦楽は終り
038 言葉を慈しみつつ言葉を超える
039 妄想上手は至福の至り
040 体が万事の重心にある

041 時を超え 自他を超え 思考を超えて
042 自らの体と重なること
043 「次元両生類」として生きて行く
044 補色としてのあなたと私のその先
045 足は地に着く時足を知る
046 「ドリームスペル」をはみだしていく
047 死者が数える数を数え見ていく
048 日本語にはルビがある
049 じっちゃん坊やの自己襲名
050 大乗仏教は 大丈夫今日?
  051 水平二元鏡と垂直二元鏡を合せ見る
052 「葬送のフリーレン」と「メイドインアビス」
053 弥勒ならぬ耄碌 超越ならぬ僭越
054 思想は思考から生じ思考は妄想から生じる
055 数痴録0606
056 思考の上澄み掬ったらただの灰汁だった
057 言葉への姿勢を問い正す言葉
058 140文字なのはKIN140だからだよ