B-013 12:13と108:100とのずれ

 




■1■108:100はほぼ13:12であると述べたが、しかしほぼではなく正確には
この108:100と13:12とのずれはどれだけなのだろう。13と12.96 を25倍すれ
ば325と324となって、整数でもっとも小さな差異として見ることができる。も
しくは5倍して1296と1300との差異を差異を求めれば良いということになる。

1296:1200≒13:12            
1300:1200=13:12            
 13:12.96=325:324
-             
 1300−1296=4
■■-            

■2■この1296と1300の10進法ホロンは様々なところで目にするので、もう少
しだけ見て行こう。1296は2
×3で6、36でもある。1296は1〜8の3乗
数の和だ。この数の10進法ホロンは、古くからの度量衡にも使われている。ユ
ダヤの重さ1シェケルは129.6gであり、英国の1ギニーは 129.6グレーンだ。

1296=1+2+3+4+5+6+7+8

■3■またソロモン神殿の至聖所は1296インチになっている。この1296という
数と1300とのずれは4である。マヤの数理は20進法に基づいているが、西洋で
は大プラトン年とも言われている地球の惑星歳差運動周期 25920年は、実はこ
の1296の20倍になっている。 12960年はこの惑星歳差運動周期の半分である。

■4■この1300という数はマヤの聖数13の10進法ホロンである。地球の惑星歳
差運動周期を西洋の伝統では12×2160=25920(年)として計算されているが、
マヤでは13×2000=26000(年)として計算している。さらに1296000は天文デー
タの数的基礎であり、プラトンの神秘的シンボル主義で好まれた数であった。

欧米的な惑星歳差運動周期 12×2160=25920(年)    
中米的な惑星歳差運動周期 13×2000=26000(年)    

■5■世界各地には数的世界把握の一致が多々見られる。地理的に隔たりのあ
る地域同士にも交流はあったのだろうが、実際には時間的にも隔たりが存在す
る。人間の数的世界認識の仕方には、共通した発達構造や、地理的時間的隔た
りを超えて共鳴する能力があると考えるのも、さほど不自然ではないだろう。

■6■ところで108:100という数を見ると、プラトン立体5種の双対関係と面
と点の総数の関係をも連想させられる。表を見よう。5種のプラトン立体の面
の数は名前の通りそれぞれ4,6,8,12,20で全て足すと50になる。また点の数
も4,8,6,20,12で50となる。 つまり点と面の総和数は100となるのである。

■7■正6面体と正8面体、及び正12面体と正20面体のペアは、互いに面点変
換できる双対の関係にある。これに対して正4面体は自分自身と双対の関係に
あった。そこで正4面体を2重の存在として別枠に扱い、残る4立体の面の総
数を考えると全部で46になる。また面数と点数の合計を考えれば92となった。

■8■また正4面体を正逆2種のペアと考えると、プラトン立体の面(もしく
は点)の総数は54となる。54は3の3乗でもある27の2倍であり、したがって
プラトン立体の3組の双対立体の面と点の総数は108となるのである。 四苦と
八苦を合わせて(4X9+8X9=)108煩悩とは仏教の数のダジャレだろう。

108×3=324 100×3=300          
108×12=1296 100×12=1200          
108×24=2592 100×24=2400          
108/4=27 108/4=25
■■